「HTML:Iframe-infが含まれています」が出た場合の対処・原因

アバスト(avast)のウイルス対策ソフトやアドオンソフトを使っている方で
「HTML:Iframe-infが含まれています」と表示されて困っていませんでしょうか?
本日は、 Iframe-inf のエラーが表示された原因と対処法をご紹介します。

HTML:Iframe-infとは?

「HTML:Iframe-infが含まれています」のエラー表示は、
過去にマルウェアソフトに感染した恐れのあるサイトを開くとエラーが表示されます。
ウィルス名:HTML_IFRAME.CSHやHTML:Iframe-inf (Avast); HTML/Iframe.gen.s (McAfee)
こちらのマルウェアウイルスはiframeを起動して、不正なURL先にリダイレクトされます。
そこで情報などを打ち込まなければ問題ありません。

「HTML:Iframe-infが含まれています」 のエラーを消す方法

HTML:Iframe-infが含まれていますと表示されても、安心してください。
Windows10を利用している方は、WindoesDefenderというウイルス対策ソフトが無料で標準搭載されており、同じような機能があります。
そのために、 アバスト(avast) はアンイストールして問題ありません。

アバスト(avast) アンイストール 方法

①コントロールパネル アプリと機能
②Avast Free Antivirusを選択して、アンインストール

↑実はセキュリティソフトAVASTはウェブ履歴などを外部に販売したりしています…
そのため、アンインストールを推奨しています。

マルウェアに感染しているか確かめ対処する方法  WindowsDefender

①Windowsでセキュリティ設定を開く
②ウイルス & 脅威保護>スキャンオプションを洗濯
③Windows Defender オフラインスキャン を選択
④今すぐスキャンを選択

WindoesDefenderでマルウェアに感染していないか自動的に検査され、対象マルウェアがある場合は、削除を選択することにより問題は解決します。

有料の最新セキュリティソフトウェアを利用する場合

有料のセキュリティソフトを使う方は、ウィルスバスターやノートンが良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました