個人事業主が使う独自メールアドレスの決め方・作り方の方法

PR

サラリーマン・個人事業主でもビジネスをする際にはメールアドレスが必要になります。
サラリーマンでしたら、情シスの方が会社の独自ドメインを使ってoutlookなど設定してくれるので、メールアドレスを自分で用意する必要はないかと思います。
しかし、個人事業主の方は自分で設定する必要があります。
当記事では、独自ドメインの取得からメールアドレスの作り方~利用方法までをご紹介します。

個人事業主のメールアドレス gmailやyahooメールのフリーメールは駄目?

フリーランスの方などgmailを使っている方も中にはいますが、
独自ドメインを取得して独自のメールアドレスを保持することを推奨します。
コストもそこまで高くありません。

フリーメールアドレスが非推奨の理由

gmailやyahooメールは上記の赤色の部分、ドメイン名が固定となります。
①信用力
 会社としてのドメインを保持していないことになる。
 →今はサイト(ドメイン)は会社の名刺といっても過言ではありません。
  サイトを持っていなくても、フリーメールのメールアドレスは
  「gmail.com」や「yahoo.co.jp」と誰がみても分かります。
  プライベートで利用しているメールアドレスと勘違いされることも多々あります。

セキュリティ

Googleなどは広告費用で設けております。
また機能改善のために電子メールを含むデータはコンテンツ分析として利用されます。
 

個人事業主に使われる独自ドメイン メールアドレスの決め方

ドメインも種類が複数あります。
独自ドメイン・メールアドレスの決め方は決めの問題ではありますが、
ビジネス向けのドメインはgTLD(分野別トップレベルドメイン)といいます。
一般的なビジネスに使われるgTLDドメインは下記のとおりです。

ドメイン用途別
.com商用サービスや企業向け
.netネットワーク関連
.bizビジネス・企業向け
.info 情報発信・口コミ
.org非営利団体

おすすめの独自ドメイン

おすすめの独自ドメインは「.com」か「.jp」
こちらの2種類が一般的に利用されており、メールアドレスとしても違和感がありません。

独自ドメイン・メールアドレスの取得方法

①独自ドメイン取得のおすすめ会社は↓Xserverドメイン

国内最安値に挑戦しており、コストも安くドメイン取得できます。

②取得希望のドメインの空き状況を確認

取得可能以外の場合は、すでに他の方が利用しており使えないため
再検討する必要があります。
③必要情報の入力
 購入時に必要な情報を入力し、料金の支払いが完了するとドメイン取得が開始され完了です。