ウォークインクローゼットの扉なしデメリットはロールスクリーンで後悔解決!

PR

TVで芸能人等の部屋紹介でよく登場する、ウォークインクローゼット方式。
(クローゼットの扉なしバージョンで、衣装が取り入れができるクローゼット部屋)
しかし、ウォークインクローゼットで後悔する方も多いみたいですので、解決方法をご紹介します。

ウォークインクローゼット・扉なしデメリットとは?

友達や親戚などが家に来た際に、扉がないと部屋移動中に見えてしまったり、勝手に入ってジロジロ見られたりと、少しきまづい経験をして、デメリット・後悔を感じている方も多いようです。
かと言って、リフォームして扉なしから取り付けてリフォームするのはお金・工事が必要になります。
簡易的に目隠しが欲しい…こちらの悩みを解決いたします。

ウォークインクローゼットのデメリットはロールスクリーンで後悔を解決

ウォークインクローゼットの良さでもありデメリットである扉がなくオープンな状態。
こちらを隠すには、扉を付ける以外の解決方法があります。
それは、ウォークインクローゼットにロールスクリーンをつけることです。
扉よりも簡潔に取り付けができますし、簡易的に洋服の取り出しも簡単です。

通常:ロールスクリーンを上げておく。
お客さんを招いた時:ロールスクリーンを下げておく。


お客さんを招いているときは、ロールスクリーンを下げるなど状態に応じて変化できるのが、1番のメリットです。

↓天井にカーテンを付けるのも一つの手ですが、ロールスクリーンがおすすめです。

ロールスクリーン

オーダーメイドのロールスクリーン

Amazonなどの通販でロールスクリーンは購入することが可能ですが、ウォークインクローゼットは様々なサイズが有り、既製品では横サイズや丈がピッタリ合う商品は中々探すのは難しいです…

そこで、便利なのが激安オーダーメイドのロールスクリーンです。
こちらは、有吉ゼミなどでも放送されるほどの安くて種類の豊富なオーダー型のロールスクリーンが購入可能です。
こちらの店舗の名前は、びっくりカーペットです。

ウォークインクローゼットにロールスクリーンをつけるメリット

・目隠しに最適、通常時、目隠しじと臨機応援に対応可能
・床に布がつかずホコリもつかない。掃除が楽
・設置も簡単

ウォークインクローゼット臭い取りおすすめグッズ

ウォークインクローゼットでも服の臭いなドは気になる場合があります。
クローゼットに使える消臭グッズを紹介します。

モソナナチュラル

竹炭で消臭。人工的な臭いでなく、自然な脱臭。
クローゼット内の服の間に吊るして引っ掛けるのがおすすめです!
しかも2年間も持続するために経済的にもエコな消臭グッズです。

ムシューダー 

ウォークインクローゼット専用のムシューダが販売されています。
香り付きタイプなども販売しています。