メルカリの事務局キャンセル理由とは?ペナルティは受ける?

様々なものを簡単に売買出来るメルカリ。
利用者も多いかと思います。しかし、利用していると様々な問題も発生します。
今回は「メルカリ 事務局キャンセル」について解説いたします。

メルカリ事務局キャンセルとは?なぜ?

出品者側のキャンセルではなく、メルカリ事務局からのキャンセルが起きる場合があります。
メルカリ事務局キャンセルが起きるケース・理由をご紹介します。

メルカリ事務局キャンセルの理由例

・著作権侵害
・偽ブランド品
・アダルト関連
・使用済みのスクール水着・体操服など
・たばこ
・現金、金券
・犯罪・盗品

メルカリの出品は、全てが許可されている訳ではありません。
メルカリ本社から、予めに出品禁止されている出品物があります。
上記以外にもありますが、基本的に違法性・他人に迷惑をかける商品というものは禁止されています。

メルカリ事務局でキャンセルされるものは、AIやメルカリ事務局の人の目で出品商品を関ししており、禁止事項に引っかかったために、出品キャンセルになった可能性が高いです。
最近ですとヤクルト2000などの乳製品が出品され高騰されているのが話題になりましたが、出品規制商品に引っかかっており、出品キャンセル処理されていました。
また、著作権に関しては二次創作品・同人誌など著者からメルカリに問い合わせし、一斉にキャンセルなど発生する可能性があります。

メルカリ事務局のキャンセルでペナルティは受ける?

メルカリ事務局より出品がキャンセルされて場合にペナルティは受けるのか?
出品者:ペナルティ受けます。
購入者:ペナルティは受けません。支払いもキャンセルされ返金されます。

ペナルティ例
・忠告
・利用時間制限
・強制退会
があります。あまりにも悪質と判断された場合には、一発で強制退会になることもあります。
時々、購入中にキャンセルされることもあります。

タイトルとURLをコピーしました